Rss

結婚相談所の分類とそれぞれの良し悪し

婚活ブームの現在、結婚相談所やお見合いパーティーは全国約5000社もの企業がサービスを展開しています。大きく分けて3つの種類に分類されるサービスはどれも一長一短あり、何を重視するかによって選択も変わります。
自身に合うサービスを選択し、後悔のない活動をしていきましょう。

お見合いパーティーには沢山の出会いの場が設定されています。そして実にさまざまなプランが設定されているのをご存知ですか?現在では誰でも緊張せずに気軽に利用出来るようになっていると言えるのではないでしょうか?
参考:お見合いパーティーを体験談で比較!おすすめはここ!

1.結婚情報サービス型の特徴

全国でも規模が大きく、また会員数も多い大手企業が展開する結婚情報サービス型は、大手だからこその情報量と長い間培ったノウハウや技術を駆使した方法により、顧客を成婚へと導きます。
相談者という仲立ちを通すので、トラブルや気まずい思いをすることなくスムーズに相手を選択することが可能です。
一般的に、自らのプロフィールと相手に求める希望条件を提示することで、相談者が条件に合う相手をマッチングしてくれます。気に入れば紹介、そして会う日取りや場所のセッティングなども行ってくれるので犯罪などのトラブルに巻き込まれる心配はありません。
また、相談者はあくまでも客観的なので、特定の人を無理に勧めたりすることもないので自分のペースでデートからお付き合いに発展させることが出来ます。
個人情報の管理も徹底されているので、情報漏れなどの心配もありませんし、身元がしっかりしている人々が会員となっていることから恐ろしい犯罪に巻き込まれるリスクも少なく安心出来ます。
メディアなどの広告活動も活発に行っていることから、顧客も安心感があります。
また、出会いの場を提供すべく、パーティーなどのイベントも常時開催しているので、出会いのチャンスは多くあります。
興味のあるイベントに参加し、なんとなく気が合う人をみつけてから行動しても良いので、直に自分の目で相手を確認してからコンタクトを取る事が出来るのも魅力的です。
また、費用は年間で約30万円が相場となっているようです。

2.連名・フランチャイズ型の特徴

大手結婚情報サービスに比較すると多少の規模が小さく、またその傘下に置かれているようなフランチャイズに加盟しているところが多いです。
相談者のペースが大きくものを言うので、自身と相性がよければスムーズに進む婚活も、タイミングなどが合わないとストレスに繋がることもあります。
どちらかと言えば、場所やきっかけを多く提供し、自分で相性の良い相手にコンタクトを取る結婚相談所とは異なり、相談者がマッチングした相手を紹介し、成婚へと導くパターンが多いようです。
自らが好みの相手を選ぶことが出来ないことから、不満が募ることもあります。いかに敏腕相談者を味方につけられるかにかかっているといってもよいでしょう。
また、費用は入会金に5万円から10万円、成婚が決定すれば追加料金をとるところが多く、全部で約30万円ほど掛かるのが相場のようです。

3.インターネット型の特徴

ここ近年ではインターネット型の結婚相談所が人気を集めており、手軽に始められることから婚活にスムーズに取り掛かれるようになりました。
サイト上で会員登録をし、自宅でゆっくり自分のペースで相手を選べるのがよいようです。
自分のプロフィールなど、積極的にアピールする場として活用されており、また費用が他の結婚相談所に比較すると安く、相場が数千円から1万円程なのでお財布に優しいです。
仕事などでなかなか結婚相談所まで足を運ぶ時間のない人々に、時間を気にせずマイペースに婚活出来る場として今注目を集めています。
ただ、悪質なサイトとの区分けが難しく、自分の目で見極めなければなりません。
本人確認などが徹底されていないことから、いたずらや結婚詐欺、また犯罪などに巻き込まれる恐れもあることを常に頭に置いておくことが必要です。
手軽に始められるのは魅力的ですが、それに対して大きなデメリットもあるのが現実です。また、実際コンタクトを取り、デートなどの段取りも全て自分たちでしなくてはならないことから、なかなか成婚まで結びつくのに時間が掛かるという現実もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です